忍者ブログ
しゃん・ふうの演奏記&育児日記 しゃん・ふう 天音奇譚http://music.geocities.jp/erhu_shanfu/index.htm
[552]  [551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542
先日、MIKI楽器で二胡のパーツ(弦・駒・松脂・ 控制墊)について、
それぞれの違いを比べるセミナーが催されました。

今回、マックコーポレーションさんにご無理を言って、
なんと、同じ工房の同じ材質の本体、それに同じ駒をつけた状態の二胡に、
弦だけ各種(8種類)のものを張って弾き比べということをしてみました。
結果は・・・
セミナーを受けた人だけの特典なので、内緒(><)!
でも、もし知りたい人は直接連絡くださいまし。
隠さずお伝えしますよ(^^)
でも、それでは良くないので、少しだけ。

ひとまず、今までは「弦の違いで、音色とかタッチとかに変化はあるが微妙な範囲」と思っていましたが、なんとなんと!誰が聴いてもわかるぐらい、弦によって音色が変わるということが分かりました。
そして、その中で僕が「いいな」と思ったものをピックアップ!!

二つあるのですが、一つは
Thomastik(トマスティック・インフェルド社)の弦

これは良いです。
今まで使ってきた弦は牡丹の弦、安価なのに弾きやすく大好きで、
僕が主に使う二胡で他の弦を使うことはなかったのですが、
・・・その二胡用に買っちゃいました(><)!!
音色が甘いです。美しいです。
二胡がレベルアップしそうです!!
次に弦の寿命がきたらこれに張り替える予定です!!本当にオススメ!!

そしてもう一つは
オットー・ムジカ社のドイツ製二胡弦
「GOLDEN LION」です。

これは音量があるのに音色が良い!!力強い感じです。
まさに「ゴールデンライオン」!!
音量に悩む人にもオススメかも!
是非試してください!!

ただ、今までの研究では、それぞれの二胡に合う弦と合わない弦があるようです。
僕は主に個人で使う二胡と、アンサンブルで使う二胡と分けておりますが、
個人で使う二胡に合う弦と、アンサンブルで使う二胡に合う弦とが違いました。
一方ではベストの弦なのに、他方に張り替えるとグッとこない。ということが多々あります。
なので、この二つが実際に自分の二胡に張ってみてどうなるのか?
あらためてレビューを書きますね。
最近二胡弦を変えたばかりなので、換えるのはもったいない・・・
ので、半年後に張り替えたらレビュー書きますのでお待ちください(^^;)

そして、駒についてですが、
これは言うに及ばず。ですね。
みんなこだわっているでしょう。
だから、僕がここでとやかくは言いません。それぞれ思い入れがあるでしょうから。
ともかく、
二胡弾きが駒を選ばないなんてありえない!ので、買った二胡についていた駒のままの人がいたら、必ず二胡ショップに行って、自分の気に入る駒をつけるようにしてくださいね。
駒を変えるだけで、劇的に音色・音量が変化しますので~

そして控制墊についても、材質やつけ方(駒と控制墊の距離など)についても変化がありますから、研究してみてください。
今回のセミナーでも、距離を変えるだけで随分と変化があると分かってもらえました。
僅かなことだけれど、けっこう変わりますので。

最後に松脂ですが、
どちらかというと音色というより、噛み具合の感覚の違いなんですが。
これは微妙な違いでもあるので、好みで変えても変えなくても良いと思います(^^)

最後は適当になってきたな・・・
でも、研究は必須!是非、自分の大切な二胡の小物を変えてみて、
好きな音色の二胡にコーディネートしてくださいね~

そんなわけで、久しぶりに二胡研究のブログ、二胡セミナーの報告でした。

HPトップへはこちら
http://music.geocities.jp/erhu_shanfu/


と~~~~っても参考になったので、思わずブログに書いてみました。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/05 まさひろ]
[04/01 Salt]
[12/18 まさひろ]
[10/21 まさひろ]
[10/20 ほうみょう]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しゃん・ふう
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]